車の変速システムを理解する

変速システムとは、エンジンからの動力を伝えるギア(歯車)を入れ替える装置のことです。なぜ、そんなことをするでしょうか?それは、走行状況によって、「力」と「速さ」のバランスを変える必要があるためです。

 
走りはじめは、速度は「ゆっくり」ですが、発信させるために「力」が必要です。徐々にスピードが出てきたら、「力」はそんなに必要がないかわりに「速さ」が必要になってきます。このように「力」と「速さ」のバランスを歯車のかみあわせで切り替えるのが、システムの役割です。

 
歯車の切り替えには、マニュアル・トランスミッションとオートマチック・トランスミッションの二種類があります。マニュアル・トランスミッションはギアの切り替えを手動でおこないます。オートマチック・トランスミッションは自動でおこないます。マニュアルのほうが燃費がよいのですが、運転にはオートマックのほうが楽です。

 
また、最近、CVTと呼ばれる無段速機が出てきました。これは、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達システムです。段階的にギアを切り替える必要がないので、その分ギア切り替え時のパワーロスが少なくなり、燃費が向上します。これからますます増えるシステムです。