クラッチ操作なしで自動的にギヤが変わるATの種類

一般的にクラッチ操作なしで自動的にギヤが変わるATの種類についてですが、自動車に現在採用されている変速機のうちで、いわゆる普通のオートマチックトランスミッション(自動変速機)と呼ばれるものは、遊星歯車(プラネタリギア)用いて自動的にギアを切り替えるステップATが一般的で、通常はトルクコンバータと呼ばれるトルク増幅器とセットで用いられています。ステップATは技術の進歩に合わせて段々と多段化が進んできていますので、最終的には何段変速まで進むのか目が離せません。次に近年メジャーになってきた変速機として、無段変速機(CVT)があります。これは先述のステップATと同じようにクラッチ操作が無いのに加えて、ギアの切り替え自体が無いため変速比を連続的に切り替えることが出来ます。そのため、エンジンのより効率の良い領域を使う事が出来るようになるので、燃費の向上に一役買います。構造的には金属ベルトとプーリーを使ったものが一般的ですが、他にも金属ベルトの代わりにコマのような円盤を使ったトロイダルCVTがあり日産が実用化に成功しました。また、他にもAMTというものがあり、これはMTと同じ構造のトランスミッションを使用しており、クラッチペダルではなく電磁クラッチを使って電子制御で自動変速を行います。

コメントは受け付けていません。