ドライブシャフトとは

ドライブシャフトはプロペラシャフトなどと同じで、エンジンの出力をタイヤに伝えるための部品です。タイヤに直接動力を送っている部品で、FR車などにしかないプロペラシャフトと違い、FF車やRR車にあるのが特徴です。現在乗用車の主流となっているFF車にあり、通常以上がなければ点検するだけで特に整備などが必要な部品ではありませんが、今のところ自動車の寿命と同じだけもつ部品と言うわけではないので、しばしば修理が必要となります。具体的にはFF車の場合には前輪が駆動輪と操舵輪をかねることになりますので、ハンドルを切るとタイヤの向きが変わります。af0060019972lその為にシャフトが曲げれるように等速ジョイントと言う部品が付いているのですが、この等速ジョイントが壊れrことがあるのです。等速ジョイントは潤滑のためにグリスで覆われ、ゴムなどの柔軟性のあるカバーで覆われていますが、このカバーが破損してしまうのです。カバーが切れるとジョイント部分が外にさらされ、グリスが流れ、ジョイントに泥などが入り込むようになり、ジョイントが磨耗します。最悪ジョイントが抜け落ちて走行不能にあんります。実際にはその前いに大きな異音がするようになるので、その時点で点検修理することになると思いますが、このジョイントの破損は、最近の車では少なくなりましたが、やはり良くある故障箇所です。

コメントは受け付けていません。