動力を伝えるデファレンシャルギヤ

一般的に車には駆動方式というものが有り、前輪駆動、後輪駆動、4輪駆動があります。
前輪駆動はFFと言うもので前輪が駆動輪となって車を動かすもので、後輪駆動はFRと言われ後輪が駆動輪となります。
その動力を伝えるものとしてデファレンシャルギヤがあります。
この特徴は加速時やコーナーリング時に適切に動力を伝えるためのもので、前輪駆動のFFならフロント部分にひとつ、後輪駆動のFRなら後輪部分にひとつ、4輪駆動は前輪と後輪に基本的にふたつ必要となりまが、4輪駆動車は前輪と後輪の間にも使用し3つ使用します。
コーナーリング時などにおいて内輪と外輪では内側の円と外側の円の大きさが変わることになるため、回転差が生じます。
その回転差を検出して駆動力を割り振る役目をします。
これによってコーナーをスムーズに曲がることができるようにします。
しかし回転差を検出して駆動力を割り振るため、片方の力がかかりにくい状態ではその車輪側だけに力が掛かるようになってしまい、結果空回りをしてしまうことになります。
このように空回りをするような場合はその反対側の車輪にも駆動力を伝えるギヤとしてLSDリミテッドスリップデフというものを使用する必要があります。
a0002_005111

コメントは受け付けていません。