プロペラシャフト

プロペラシャフトは、トランスミッションの出力制御を行なうシャフトと、デフフランジと接続させて駆動系システムの確実なタイヤへの伝達を行なう重要な役割を受け持っております。
ちなみに上記シャフトは軽量で、且つねじりに対する剛性と耐性を持った上で、ねじりに対する強度が必要不可欠となっており、通常の自動車への活用素材としては鋼管が使用されることになっているのが一般的です。
どの車両にしても共通の特徴としては、ホイールベースの関連事項において上記シャフトを長期的に機能させるには設計自体を複数設定した上で、中間部のみはベアリングで車両の台座部分にセッティングされて支持されることになります。
最後尾のシャフトは前述記載したようにデフフランジに接続された上でトランスミッション側の出力制御シャフトの勘合により、荷重吸収自体を効果的に行なうことができるという利点があります。
フックにはジョイントする為のヨーク・スパイダー・ニードルローラーベアリングと言った一連の構成要素で定義されており、前述ジョイントが回転する際の速度とトルク数値の変化が180度ごとに断続的に生じる繰り返しの不等速性が、前述したシャフトの方向性を確立しております。

af0060019988m

コメントは受け付けていません。